相続放棄:債務相続を回避

債務も相続の対象になります

意外に知られていませんが、借金などの債務も相続の対象になります。

例えば、死亡した父親に1,000万円もの負債があったなら、その相続人である母親と子供たちは、1,000万円の負債を引き継ぐことになります。

債務だけを拒むことはできない

遺産の中に不動産や株式などのプラス財産と、借入金や滞納税金などのマイナス財産が両方とも含まれる場合があります。

この場合、普通なら「不動産や株式といったプラス財産は引き継ぎたいけど、マイナス財産(債務)は引き継ぎたくない」と思うところですが、これは認められていません。

民法が認めているのは、「全てを引き継ぐ(単純承認)」「プラスの財産の範囲内でマイナスの財産も引き継ぐ(限定承認)」「全てを引き継がない(相続放棄)」のいずれかだけです。

限定承認をすれば良い?

相続に関する書籍やWEBサイトでは、「プラスの財産とマイナスの財産が混在している場合、限定承認をすると良い」と説明されています。

しかし、限定承認を使うためには、「相続人全員が揃って申立てを行う必要がある」等、いろいろな条件をクリアしなければなりません。

また、限定承認は難しい手続ですので、実際に手続を行う際には、弁護士や司法書士にご依頼いただくことになるでしょう。

限定承認は複雑で長期間にわたりますので、弁護士や司法書士に支払う報酬も高額になるはずです。

確実に債務を免れることを第一に考えるなら、限定承認をせずに相続放棄をしたほうが良いと言えます。

相続放棄が出来る期間

相続放棄と限定承認ができるのは、自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内です。

この期間を過ぎてしまうと、債務の承継を拒否できませんのでご注意ください。

相続放棄をしたら次の相続人に債務が移る

相続には順位があります。

第1順位の相続人は子供(子供が死亡しているときは孫)、第2順位は直系尊属(親、祖父母)、第3順位は兄弟姉妹です。

先の順位の相続人が相続放棄を行った場合、次の順位の相続人に相続権が移ります。

つまり、自分が相続放棄をして債務承継を免れた場合、次の順位の相続人に債務が移ることになります。

ですので、債務を全員が免れるためには、第1順位から第3順位までの全員が相続放棄を行う必要があります。

自分だけ相続放棄をして終わり、ということにはなりませんのでご注意ください。

なお、配偶者は、順位とは関係なしに相続人になりますので、債務を免れるためには、必ず相続放棄をしなければなりません。

相続放棄の手続

相続放棄の手続は、家庭裁判所に対して相続放棄申述書を提出することから始まります。

申述書の書き方自体はそんなに難しいものではありませんが、期間内に必要書類を集めたり、次の順位の相続人と打合せをしたりと、かなり慎重に手続を進める必要があります。

相続放棄は失敗の許されない手続ですので、司法書士や弁護士に任せていただいた方が確実です。

相続放棄の費用(仙台家裁の場合)

報酬部分
書類作成手数料 最初の一人につき52,500円、二人目以降は一人31,500円
実費部分
印紙 一件あたり950円
郵便切手 一件あたり数百円~1,000円程度
その他の付随費用
  報酬 実費
戸籍調査の基本手数料 戸籍等の取得10通まで26,250円 住民票や戸籍の通数に応じて変動(一通あたり数百円~1,000円程度)
戸籍調査の追加手数料 戸籍等が10通を超える場合、一通ごとに2,625円 住民票や戸籍の通数に応じて変動(一通あたり数百円~1,000円程度)
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
仙台・宮城の債務整理ガイドなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真
借金問題の無料相談受付中!まずはお気軽にお電話下さい。
無料相談の流れはこちらをご覧下さい。

ページの先頭に戻る